オンライントゥオフラインはマーケティングにおいて重要な要素です。

これは広告コストが低いウェブ上で集客を行いオフラインで買い物をさせる戦略を指します。小売業者が行っている戦略の1つでネットショップに対抗するための手段として有名です。従来まではリアルショップとネットショップは完全に分断されたものでした。リアル店舗ではECサイトに売上を奪われてしまいなかなか成果が上げられなくなっていた、そこで誕生したのがオンライントゥオフラインです。最近はスマートフォンが主流となっているのでO2Oアプリと呼ばれるものが登場しています。

O2Oアプリは実に画期的なものでクーポンや最新情報を流して店舗の利用を促すように構成されているのが特徴です。これによりオンラインショップに奪われた顧客を再び店舗に呼び込み利益を出せるようにします。大手飲食店はO2Oアプリを使ってクーポンを配布、店舗に近づくと自動的に検知して情報を提供するのが特徴です。

また近場にあるお店をすぐに検索できる機能を持っているので使い勝手が優れています。あるサービスではバーコードスキャンをすると、その商品のコーディネートをチェックできるシステムを構築しているので注目です。金融機関だとログインしてすぐに残高確認が可能、位置情報から銀行の位置を探せます。資産運用状況やキャンペーン情報を提供といった機能も持つのが特徴です。うまく使って集客をするといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *