O2OアプリとはOnlinetoOfflineアプリのことを指します。

つまり、オンラインとオフラインを繋ぐ役割を果たすアプリのことです。例えばクーポンのサービスであれば、オンライン上で割引情報を手に入れ、実際の店舗で提示することで割引を受けることが出来ます。このようなサービスをO2Oと呼びます。小売店や飲食店の場合はオンラインでどれだけ利用してもらっても実際の売り上げにはなりません。そのため、実際の店舗の売り上げに繋がるような情報提供やサービスを行うケースが増えています。ポイントサービスもO2Oの例です。

ポイントは店舗での利用で貯まっていきますが、管理されるのはオンライン上となっています。多くの場合はお店のネットワーク上でポイントは管理されており、それをアプリなどにあるIDで照会できる仕組みになります。そのため、アプリを間違って削除してしまったとしてもパスワードやIDなどを入力することで復元できる可能性が高いです。

一般的にはカードでポイントを管理するケースが多いですが、インターネット上で管理する場合でも原理は同じになっています。カードを発行しないことで手数料などを少なくしたりすることが出来ます。今後は電子マネーなどとの連動が検討されています。スマートフォンの画面で専用のページを開かなくてもポイントが貯まったり、来店するだけで貯まったり出来るようになるかもしれません。どんどんサービスが展開されている分野でもあるので、新しいアイデアも登場しやすくなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *