これからO2Oアプリを開発するのならメリットについて知っておくといいでしょう。

オンライントゥオフラインマーケティングを行うときに使うものでインターネット時代に必要不可欠です。継続的かつ横断的なコミュニケーションを実現してくれるものでスマートフォンにインストールして使います。例えば百貨店では店舗情報をO2Oアプリ内で確認する事ができるのが強み、クーポンや引換券といった特典も付属するためユーザーはお得に店舗で買い物ができるのがメリットです。

SNSと連動して配布できるという点も魅力と言えるでしょう。飲食店では空席が問題になりますが、これは時限式のクーポンにより解決します。具体的に説明すると近隣の店舗で空席があるときにそのお店のクーポンが自動的に配布されるといった内容です。顧客獲得に多大な影響を与える内容といえます。季節のメニューからキャンペーン情報を発信してくれるのがメリットなのでユーザーにとってはメリットが多いです。

O2Oアプリには独自に機能が備わっているのが特徴、例えばユーザーが立ち上げなくても自動的に情報を通知してくれるプッシュ通知があります。時間帯やセグメントに合わせて配信できるのでピンポイントのマーケティングができるのも強みです。スマートフォンにはGPSが搭載されているため、位置情報を利用してクーポンを配布できます。来店促進に使えるため多くの小売店や飲食店が採用、効果測定も可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *