パソコンやスマートフォンを利用したマーケティング手法として注目を集めているのが「O2O」です。

これは「OnlinetoOffline」の略称で、インターネット上から実店舗への顧客行動へと結び付ける世策全般のことを指します。少々曖昧な定義となっていますが、噛み砕いて言うと自分の店の顧客を増やす為にインターネットを活用する手段はO2Oであるということになります。O2Oの具体的な手法として代表的なものでは、飲食店の携帯電話・スマートフォン向けメールマガジンに登録することで割引クーポンを受け取ることができる「携帯メルマガ会員特典」が挙げられます。

これにはインターネットを活用してお店の宣伝とクーポンの送付を行い、顧客を増やすという目的があります。そしてO2Oのメリットとしては、印刷物等を発行せずにインターネット上の施策によって新規の顧客を獲得し、購買に結び付けることができることが挙げられます。また、マーケティング面での大きなメリットと言えるのが、効果が測定しやすいことです。

例えば「WEBサイト上で割引クーポンを発行して実店舗に誘導する」という代表的な施策の場合、アクセス解析からWEBサイトの閲覧数とクーポンの発行数、それと店舗でのクーポン利用数を取得します。これらを見比べることで、WEBサイト利用者の内どの程度のユーザーが店舗に訪れたのかということが分かるので、クーポン等の様々な効果を検証して今後の施策へと繋げることができるというわけです。このように、インターネット上での活動が増えている現代では、O2Oは今後ますます注目を集めることが予測できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *