O2Oとは、「OnLineToOffline」の略でオンラインとオフラインを連携させユーザーに商品を購入して貰うための施策です。

インターネットサイトのウェブ店舗から実店舗へ顧客を誘導し、商品の購入に結び付けることで、売上の向上や知名度を上げることを目的としたマーケティングです。スマートフォンの急速な普及や拡大により、実店舗で使用出来る割引クーポンやお得な情報などを配信しメリットを得た顧客が実店舗に足を運び商品を購入しやすくするのがO2Oの狙いです。

インターネットの普及により、顧客は店舗で商品を購入する機会が減り、ウェブ上で安くて高品質な商品を購入するようになったことから、この手法が注目されるようになり、今ではSNSを使ってサービスを提供する店舗も増えています。元々O2Oは、実店舗で商品を選びネットで安く購入する顧客の対策として広まり、店舗に行くことのなかった人たちも、ターゲットに幅広く利用されるようになりましたが、一方でクーポンをなどのイベントが無ければ、商品を購入しないなど長期的な視点で見た場合の継続性も懸念されていました。

このような観点から、O2Oはクーポンの発行やイベントのお知らせだけではなく、アプリのダウンロードやSNSを活用し、店舗で商品を購入した場合に通常よりもお得なポイントサービスや新商品の割引などを提供することで顧客ニーズこたえ、リピート率を向上させる点でも有効なツールとして使用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *