インターネット上で行われることをオンラインと呼ぶことから、それ以外の環境をオフラインと呼ぶようになりました。

インターネット上のショップがオンラインなら実店舗はオフラインと言うことになります。以前は対極にあった2つの環境が鑑賞することで融合するようになりつつあります。それがonlinetooffineの意味のO2Oマーケティングです。つまり、オンラインでオフラインへ促すようなマーケティングを行います。これからのマーケティングはO2Oを無くしては語れなくなります。

O2Oマーケティングは具体的にはどのようなことをするのでしょうか。オンライン、すなわちインターネット上で広告をして集客を行う活動としてメールによる情報提供やSNSによる情報発信が考えられます。新作の紹介やキャンペーンのお知らせなどを行うことで顧客に興味を持ってもらい、実店舗への来店を実現させます。紙媒体のマーケティングでは情報に制限があって、伝えたい情報を全て提供することは難しいですが、オンラインでは制限がないため、多くの情報を紹介することが可能です。

お店のコンセプトを伝えることで、興味を持ってもらえれば、来店のきっかけにつなげることができます。店舗のイメージと一致してる情報であれば来店後のギャップに驚かれることがなく、購買までつなげることも期待できます。O2Oを活用することで広告の掲載費用や印刷代などを気にすることなく多くの情報を扱うことができるのでコストパフォーマンスが高くなるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *