ウェブサイトを使って実店舗にお客さんを誘導させるには独自のマーケティングが必要です。

これはO2Oと呼ばれるものが利用できるので知っておくといいでしょう。オンライントゥオフラインの略でオンラインとオフラインを連結させて購買意欲を掻き立てるのが特徴です。代表的な要素だと割引クーポンをSNSで配布して実店舗に足を運んでもらいます。またスマートフォンのGPSを使いリアルタイムでクーポンを配布する作業も行う、こういう方法を使ってお客さんを獲得するのが基本です。

オンラインショップの登場で大きく変化し、実店舗はショールーム化しました。実店舗で商品を見てオンラインで安く購入するショールーミングが一般的になってきたため、客離れが深刻になっているのが現状です。実店舗ではこれを打破するべくO2Oを使って精力的に顧客獲得を行っています。オムニチャネルがありますが、これはO2Oと違い顧客に誘導をしないのが特徴、実店舗とECサイトを区別せず売る仕様です。

O2Oは組織改革やシステムの刷新を行うため大掛かりな作業が必要で瞬発力がありませんが、長期的な効果は見込めます。お客さんを誘導させるのが目的なので本来囲い込むことが前提のオムニチャネルと併用してマーケティングをするのが特徴です。どちらもメリットとデメリットがあるので双方を補うかたちで行います。最近はスマートフォンのアプリを使って最新情報を発信するといった作業もあるので注目です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *