かつてクーポンと言えば紙のものが一般的でした。

クーポン券として配られたり、新聞の折り込みとして挟まっていたりするものをお店まで持っていくことで割引が採用されるという仕組みになっていました。

しかし、この方法の場合は割引の費用だけでなく、配布や印刷の費用もかかってしまうのでお店の負担が大きいと指摘されたこともあります。結果的に割引幅を抑えざるを得ないという側面にも繋がっていました。

そこで最近では髪のクーポンは大きく数を減らし、似た役割のアプリが登場しています。クーポンのアプリの場合は起動した状態でバーコードや特定のコードなどを表示させることで割引をすることになります。紙代や印刷費などはかかりません。アプリ上には割引の画面以外にも商品情報などを記載することが出来ます。

つまり、宣伝の効果も期待できます。アプリのダウンロードはスマートフォンを持っていれば簡単に行えて必要がなくなれば簡単に削除することも出来るという特徴があります。これにより、利用者を増やしやすいというメリットにも繋がっています。ただ、このサービスには課題もあります。それはレジでスマートフォンの画面をかざすということが手間になってしまうことがあることです。

電子マネーの支払いであればすぐに終わりますが、割引バーコードの提示の場合は混んでいる時に行うのが億劫になってしまうかもしれません。今後電子マネーとの提携などが行われればますます使いやすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *