これまでは、WEBサービスを提供する側がユーザーに情報を届けるには、メール配信などを行うのが一般的でしたが、今やその手法は陳腐化したと言っても過言ではありません。

今の時代はプッシュ通知こそが、ユーザーに情報を届ける最適なツールと言えるでしょう。プッシュ通知というのは、アプリをダウンロードしてくれたユーザーのスマートフォンの画面上に色々なお知らせを送り届けるという仕組みです。スマートフォンを使ったことがある人なら、色々な通知が届くのを必ず目にしたことがあるでしょう。

プッシュ通知の良いところは、なんといっても見てもらいやすいということに尽きます。スマートフォンの画面の目立つところに通知を表示できるので、送れば必ずユーザーの目に入る事は間違いありません。これがメール配信だと、まずメールボックスにユーザーがアクセスするかどうかという壁が存在します。また、メールは他からも大量に届く場合が多く、他のメールに埋もれてしまって自分のメールが開封してもらえないというリスクもあり、たいていの場合読まれずにゴミ箱行きということも多いものです。

その点、プッシュ通知は埋もれにくく読まれる可能性が高いです。ただし同じ内容ばかりを通知していると、ユーザーに飽きられてしまうので、送る内容は毎回しっかりと変更した方がいいでしょう。お得なタイムセール情報やクーポン情報など、タイムリーな情報を適切な時期・時刻に送信してあげればアプリの稼働率も上がりますし、自社サイトへのアクセスアップなどにも役立つはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *