最近、ウェブマーケティングツールとして注目されているのがスマートフォンアプリのプッシュ通知機能です。

これはアプリの利用者に対して様々な情報を送信することができる機能で、効果的に使えば自社の売上アップに役立つこと間違いありません。今や一人一台は持っているとされるスマートフォンですから、このプッシュ通知は今後も重要性はどんどん増していくことでしょう。これを上手く使いこなせるかどうかは、アプリ提供側の企業にとっては死活問題になってきます。

プッシュ通知を上手に利用するコツとして一番大事なのは、情報を継続的に送ることです。コンスタントに情報を送ってやることでアプリの利用頻度も上がりますから、売上も伸びやすくなるでしょう。しかし、何でもかんでも送ればいいというものではありません。毎回毎回同じ情報を送っているアプリもありますが、これだと逆効果になる可能性があります。

何度も同じ情報しか送られてこないと、ユーザーはだんだんうざったく感じてきてしまい、プッシュ通知をオフにしてしまう可能性があります。オフにされるだけならまだしも、最悪の場合はアプリをアンインストールされてしまう場合もあり、そうなったら元も子もありません。プッシュ通知で送る情報は、新鮮なものでユーザーの役立つものを送るというのが鉄則と言えるでしょう。また、送信する時間帯にも気をつけたいものです。やってはいけないのは、真夜中などに通知を送ることでしょう。着信音が鳴って不快な思いをさせる可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *