インターネットの発展には目を見張ります。

ほんの10年くらい前まではインターネットといえばパソコンに通信用のコードを付けて行うというのが普通の事でしたが、最近では半導体技術やソフトウェア技術の発展に伴い、ポケットにすっぽり入るスマートフォンなどの携帯端末がインターネット利用の中心となりました。もはやパソコンを使ってのインターネットの使用は、仕事で使う人やある意味でインターネットの専門家がほとんどとなっています。

色々ウェブサイトや端末で動作するアプリでは、色々な所に移動しながら使う事を前提としたものが多数あります。その為にタブレットコンピュータやスマートフォンなどのモバイル端末では、動作するアプリも移動しならインターネット上のサーバーとの交信を行う事を前提としプッシュ通知を利用する事が多くなっています。プッシュ通知では、スマートフォン上のアプリが能動的にサーバーにアクセスして、様々の情報やアプリ更新を画面上に表示します。

私たちは、一々サーバーへのアクセスを自分で行う事無く便利なサービスが受けられます。ただ、最近ではプッシュ通知が多数のアプリで使われる様になり頻繁に画面上に通知され、ユーザーにより通知しない設定される場合も出てきています。タブレットコンピュータやスマートフォンの便利な機能なのですが、うまく使わないと情報過多になってしまいます。ユーザーが自分の利用を考えて上手に設定を行う必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *