最近はスマホアプリの中でも特にプッシュ通知が人気を浴びています。

プッシュ通知とはアプリをダウンロードした際や何か情報が来た際などにユーザーに様々な情報を提供できる機能です。これを許可したアプリケーションは実際に起動回数や継続率も高くなっています。初回起動した際に許可される確率は約35%から50%となかなか多い方になっています。そのためこれに対して嫌悪感を抱いているユーザーは少ないのです。特にニュースに関連しているものの場合は50%までにのぼっており、ユーザーが必要だと感じているアプリの許可されている確率は高いのです。

しかし、このプッシュ通知にもデメリットは存在します。いいことばかりに見えますが、事例に基づくと、ある毎日プッシュ通知をしていても、とある日を境に停止したところ、その停止した日からアクセスされた数が減少傾向にあたっていったのです。そのため、毎日の継続が大切になってくるのです。

また、全く同じ内容を繰り返し送ることも逆効果として出てしまいます。500人のスマホを使っている人を対象とした調査によると、約31%の人がアンインストールしたという回答をし、その中の37%ものユーザーが「同じメッセージが毎回来るから」などという理由だったのです。アプリのプッシュ通知は一見メリットばかりだと思われるかもしれませんが、毎日続けないとユーザーの起動率が下がるなどの点もあるのです。そのためただメリットだけとはいえません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です